プレスリリース

2010年5月24日

BIベンダーで初、PentahoがHadoopをサポート
-KSKソリューションズがサポートサービスを開始-

株式会社KSKソリューションズ(代表取締役 森本好映)は、オープンソースのBIツールである「Pentaho Open BI Suite」での、分散処理オープンソースHadoopのサポートを2010年7月より開始することを発表します。

Hadoopは、Apache Software Foundation(ASF)が開発・公開しているサーバーを多数つなげて膨大な情報をスケールアウトして処理可能とするオープンソースソフトウェアです。今後のクラウド技術の中でも中核となるものであり、日本でも昨年11月にHadoop Conference Japanが開催されて楽天やNTTといった企業の事例が報告されています。

Pentaho Open BI Suiteは米国フロリダ州のPentaho Corporationが開発・販売するオープンソースBI製品で、無償バージョンと、エンタープライズ向け機能が装備される有償バージョンの2通りのライセンスが提供されています。既に1000社以上のお客様に、従来の高額なBIの代替製品として導入されています。日本ではKSKソリューションズが日本語化と有償ライセンスの販売・サポートを行っています。

今回Pentaho社では、BIベンダーとしては初めて、正式にHadoopのサポートをアナウンスいたしました。PentahoのHadoop対応により以下のメリットをユーザーに提供します。

・Hadoop開発者に対して、Hadoopシステムとのデータの統合を、グラフィカルで使いやすいオープンソースのGUIツール(Pentahoデータ統合)を使用してデザインすることができるようになります。

・ビジネスユーザーに対して、Hadoopをデータソースとして、業務レポートや多次元分析、データマイニングを行うことができるため、セントラル・データウェアハウスとしてコストパフォーマンスの高いシステムを構築できるようになります。

■Pentaho™ Open BI Suiteについて

Pentaho™ Open BI Suiteは2005年6月に最初のバージョンがリリースされ、現在では世界で最も人気があるオープンソースBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアです。レポーティング、分析、ダッシュボード、データマイニング、データ統合、およびBIプラットホームなど、BIに必要な全ての機能が用意されています。 Pentaho™の製品は、MySQL、モトローラ、Orbitz、シスコシステムズなど多くの大手企業や政府系組織で使用されています。Pentaho™ Open BI Suiteが提供する機能は以下の通りです。

  • Pentahoダッシュボード
  • Pentahoレポート
  • Pentahoデータ統合(ETL)
  • Pentaho分析(OLAP)
  • Pentahoデータマイニング

  • ■株式会社KSKソリューションズについて

    Pentahoの日本公認パートナーとして、ワンストップのBIソリューションを提供する企業です。各業界の戦略・業務コンサルティング、システム開発、保守サポート及び導入後のトレーニング・研修を行い、お客様の多様なデータ活用のニーズに対応します。

    社名 株式会社KSKソリューションズ
    英文社名 KSK Solutions, Inc.
    代表取締役 森本 好映
    所在地 大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル2F
    東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟 28F
    URL http://www.ksk-sol.jp/
    Pentaho専用サイト:http://www.pentaho-partner.jp

    ■本件に関するお問い合わせ先
    株式会社KSKソリューションズ  広報担当
    TEL:03-6317-4538/06-4705-7607
    E-mail:info@ksk-sol.jp

    オープンソースBI Pentahoブログへ