プレスリリース

2008年8月18日

「国内初、オープンソースBI(ビジネスインテリジェンス)のPentaho(ペンタホ)日本語サイトがオープン」
-オープンソースPentaho(ペンタホ)の情報が充実、国内普及を加速-

株式会社KSKソリューションズ(以下KSK-sol、大阪市中央区、代表取締役森本好映)は、オープンソースBIのトップベンダーであるPentaho社(米国フロリダ、CEO Richard Daley)と共同でPentaho日本語サイト(www.pentaho-partner.jp)をオープンしました。KSK-solは、同社の日本専任パートナーとしては、国内唯一の企業となります。今後は、Pentaho社と共同して、日本国内マーケットを開拓するほか、Pentahoのローカライズ、トレーニングを積極的に行ってまいります。

1、Pentaho日本語サイトについて

Pentaho日本語サイト(www.pentaho-partner.jp)は、米国Pentaho公認の日本語サイトです。Pentahoの製品の概要、トレーニングやサービスの紹介に加えて、PentahoBIサーバの体験デモなどもご覧いただけます。今後は、日本語版ダウンロードやインストールマニュアル等のドキュメントを充実させ、Pentahoの国内ポータルサイトとして運営してまいります。

2、Pentaho社について

Pentahoは、世界で最も人気があるオープンソースBIソフトウェアです。2005年6月のリリース以来、200万件の累積ダウンロード件数に達しており、レポーティング、分析、ダッシュボード、データマイニング及びデータ統合など、ビジネスインテリジェンス(BI)に必要な全ての機能が用意されています。
Pentahoの製品は、MySQL、モトローラ、Orbitz、シスコシステムズなど多くの大手企業や政府系組織で使用されています。

3、本件に対するコメント

今回のサイトオープンについて、KSK-sol代表の森本好映氏は次のように述べています。
「本サイトオープンにより、より多くの方にPentahoの素晴らしさを知っていただきたいと思います。先進的なテクノロジーとオープンソースモデルにより、現在Pentahoは魅力的なソリューションになっています。私たちは、Pentahoの国内普及をさらに加速させてまいります。」

また、Pentaho corpのアジアパシフィック責任者のブライアン・ティム氏は次のように述べています。
「我々は、Pentaho日本語サイトのオープンを歓迎します。ぜひワールドクラスのオープンソースBIを、プロプライエタリ製品に代わる選択肢としてご検討ください。」

■会社概要
名称:株式会社KSKソリューションズ
本社オフィス:大阪市中央区本町1-1-3本町橋西ビル
東京オフィス:東京都墨田区両国4-37-2TKF会館
代表者:森本好映
事業内容:
1.ソリューション事業
・WEBシステム(SNS、EC、CMS)構築サービス
・BI(ビジネスインテリジェンス)構築サービス
2.コンサルティング・研修事業
・見える化コンサルティング、データ分析サービス
・問題解決力向上、ロジカルシンキングを中心とした企業研修
URL:http://www.ksk-sol.jp

■本件に関するお問い合わせ先
TEL:06-4705-7607
FAX:06-4705-7602
E-mail:info@ksk-sol.jp

オープンソースBI Pentahoブログへ